初心者向けアストルティア防衛軍の参加の仕方

2019年1月16日

アストルティア防衛軍の

あまり説明されないコツのような部分を

解説してみます。

なおオートマッチングで防衛を前提とします。

また闇朱、紫炎、深碧を対象。

蒼怨の屍獄兵団は少し特性が違うので

一旦、除外します。

難しいので慣れないうちは
蒼怨の時間帯は避けた方がよいです。

国民皆火力

どの職でも火力となる武器を持ち込みます。

オノや両手剣のような範囲と単体攻撃の

両方に優れる武器が理想ですが、

優先は範囲攻撃です。

そのため盗賊や踊り子のような

単体攻撃に優れる職は

慣れないうちは推奨されません。

僧侶でもヤリか棍を持ち込みましょう。

スティック僧侶は活躍しません。

装備の状態異常耐性は

重視してなくてよいです。

(あるに越したことはない)

慣れないうちのおすすめの職業

戦士:両手剣かオノ

単純に火力として優秀です。

真やいばくだきでボスの火力を

下げることも重要な役割となります。

まもの使い:両手剣かオノ

これも強力な火力。

ボスと戦う時はツメもよいです。

単体攻撃としての威力と

ゴールドフィンガーによる

バフ消しが重要。

バトルマスター:全武器。

どの武器でも火力として

活躍できます。

武闘家:棍とツメ

普段は棍範囲火力。

ボスにはツメで単体火力とバフ消し。

必殺技の一喝はここでは強力です。
また扇の風斬り舞も
構成次第では貴重な
強化手段になります。

賢者:ブーメラン

回復役とブメによるボス弱体化です。

ここでは雨が重要で

僧侶より有用な回復役となります。

イオ系の魔法も重要。

魔法使い:両手杖

通常はイオナズンとマヒャデドス。

ボスにはメラゾーマとメラガイアー。

これも強力な火力です。

天地雷鳴士:両手杖

範囲攻撃が多いので頼りになります。

幻魔もカカロンを放っておけば

遠くの死者を蘇生してくれるので便利。

また扇の風斬り舞も
構成次第では貴重な
強化手段になります。

防衛結界は守らない

防衛軍の目的を考えると

防衛結界(通称:門)を

守りたくなりますが、

守ってはいけません。

というか守ると守れません。

(日本語がおかしい)

多くのモンスターは

門よりも大砲やプレイヤーを

優先して狙いやすいでの

実は気合を入れて守る必要が
ありません。

そのため門の前に陣取ると

かえって敵を門に引き寄せることになり

防衛結界が危険になります。

また範囲攻撃に狙われたとき

門を巻き込んでしまうことも

窮地に繋がります。

敵と門の間に挟まって良いのは

におうだちで門を守れる

パラディンだけです。

(これも常にいて良いわけではないですが)

攻撃の優先度

とにかく鐘倒します。

雑魚より鐘優先です。

鐘を攻撃している人が十分いる場合、

(あるいは鐘がない場合)

ボスを攻撃することも重要です。

一定のダメージが蓄積するとボスが

行動不能になり攻撃が止みます。

そのため防衛の場合でも

ボスを攻撃する必要があります。

単体攻撃が得意な場合、

鐘とともにボス攻撃も大事なことを

覚えておきましょう。

(鐘との攻撃配分が難しめ)

アイテムは取らない

防衛軍のアイテムは強力です。

ただし使いどころが重要です。

鐘を倒したときに不可抗力で

取ってしまうのは

仕方がありませんが、

使いどころが解らないうちは

無視したほうが無難です。

他の人が使っているところをみて
使いどころを見て覚えましょう。

主に魔法戦士やどうぐ使いなど
補助職がアイテムの使い手です。

スポンサーリンク